一般社団法人JMA

よくある質問

みなさまからよく寄せられる、お問い合わせをご紹介しその質問、疑問にお答えいたします。

講師資格について

メイクアップアドバイザー認定講師研修のレクチャー試験は、どんな内容ですか?

メイクアップアドバイザー資格認証テキストを使用して資格認証講習ができるかどうかを
審査する試験です。

講師研修の一日目に、お一人お一人に「課題箇所」をお伝えしますので
30分での講義内容を考え、レッスンプランをたててレクチャー試験に臨んでいただきます。

「課題箇所」例

1.メイク接客の心得 6ページ
2.メイク接客マナー 10〜13ページ
3.言葉遣い会話   16〜20ページ
4.メイクカウンセリング 22〜23ページ
5.メイクアドバイス 30〜35ページ

レクチャーの基本的なポイントは、講習の一日目にお伝えしますが、
下記の3点を必ず取り入れていただくことがレクチャーの約束です。

①例話、体験談などを取り入れる
②必ず1箇所は、テキスト又は参考文献の音読をする
③板書

現場経験のない受講者にも経験者やプロにも共感、納得していただける
飽きない講義ができるよう工夫して臨んでください。

JMA認定講師になりたいと思っています。 どんな資格が必要ですか?
  • 日本メイクアップ技術検定試験 3級〜1級
  • セルフメイク認定講師
  • メイクアップ シニアアドバイザー

の資格が必要です。
また、美容現場経験や美容講師経験が3年以上ある方が対象です。

認定講師になるには、履歴書、職務経歴書、認定講師エントリーシート(WEBからダウンロード)を郵送していただき
書類審査を通過した方がJMA認定講師集中セミナーを受けることができます。
集中セミナーは、6日間あり、日本メイクアップ技術検定試験 3級〜1級の内容を座学、レッスン、試験、ティーチングテスト3種を受けていただきます。
かなりハードなカリキュラムですので、1級まで取得してから集中セミナーを受ける方がスムーズです。

PAGETOP