一般社団法人JMA

理事長ご挨拶

近年、メイクアップアーティストの活躍の場は、従来の化粧品メーカーやブライダル産業・各種美容サロンから、マスコミ・芸能関係や医療・介護現場におけるメイクアップに至るまで多岐に渡っています。
2004年に「中間法人日本メイクアップ技術検定協会」として発足した当協会は、会員の皆様のご支援を頂きながら、今年4月で14年目を迎えました。当協会は、検定事業を通して日本のメイクアップ技術の全国基準統一化を目指すと共に、美容業界での飛躍を期す若者を支援し、メイクアップアーティストの地位向上に努めて参りました。現在では、日本全国で約160校の美容専門学校、メイクスクール、短期大学等、及び86社の化粧品メーカーや美容サロン等で、当協会のテキストを用いての講義や当協会の認定講師による研修・講義が行われております。

また、「美容の世界で羽ばたきたい」との志溢れる若者の可能性を広げる活動として「全日本ヘアメイク選手権」を毎年開催しております。
今後も、検定事業や様々なイベント企画・実施等の活動を通して、会員の皆様やそこで学び・働く方々等、美容業界の発展に寄与すべく全力で努めてまいります。
皆様方のより一層のご指導とご鞭撻を頂きますようよろしくお願い申し上げます 。

2017年4月

一般社団法人JMA(日本メイクアップ技術検定協会)
理事長 瀬川岳則

 

PAGETOP