一般社団法人JMA

企業のお客様

JMAの検定試験やセミナーを自社内での実施としてご検討されている企業様は、認定企業(法人正会員)としてご登録 頂くことで、下記のサービスがご利用いただけます。

1) 認定企業(メイクアップ技術検定試験を導入する企業様)のメリット

昨今の日本企業も欧米企業と同じく営業の部分を女性が中心となっている企業が多くなりました。

どの企業を見ましても、女性が第一線の営業 の基盤になっている企業は非常に多く見られます。特に従来から化粧品会社、アパレル会社、生命保険会社、大手商社、人材派遣会社、etc。ここで働く女性達は高校卒業もしくは大学卒業後入社し活躍することになるわけですが、実は、お化粧を勉強しておぼえたという人は殆どいないのです。その影響か、この5年間のファッション誌はメイクのハウツー講座のない雑誌は売れないと言われるほどメイクの仕方に興味を持つ読者が多く、講座のないファッション誌の方が少ないのです。私達は企業に勤める女性がメイクの技術を取得することは企業にメリットがあると考えています。

  1. メイク検定を推奨する企業は入社する女性の美意識が高く、また、お化粧に無頓着な女性に対して会社が 推奨することで、必然的に勉強することにつながり、社内に綺麗な女性が増える。
  2. 福利厚生で会社が支援することにより、女性からの企業のイメージ が上がり、優秀な人材が集まる。
  3. 福利厚生の一環として社内でメイク講座を行うことにより、女性社員のモチベーションアップになる。
  4. 当協会の1級資格はメイク学校の基本部分の講師を行えるレベルである。
    もし営業社員の中で1級資格者がいれば、営業社員が顧客サービスとしてメイク講座を顧客様に行うことにより、営業として新しい切り口ができる。営業手段として考えることも出来ます。特に人材派遣会社はこれからは必ず必要になると思われます。

JMAでは、企業様にJMAの「認定企業」にご登録頂くことで、下記のようなサービスをご提供差し上げております。

2) 認定企業(法人正会員)の特典

  • 3・2級までの検定を企業内試験にて実施することが可能です。
  • 3・2・1級の事前対策セミナーを企業内で実施可能です。

    講師の派遣 *有料(詳細は別途ご相談)

  • テキスト/レッスンビデオの有償購入(協会認定教材)
  • 技術指導(デモンストレーションなど)
  • 本協会が企画する活動に参加可能(全日本ヘアメイク選手権/会員誌など)
  • 教材もご紹介できます

3) 認定企業になるには

  1. 契約書の締結
  2. 法人正会員への申し込み
  3. 学内認定講師集中セミナー(6日間)の実施
  4. JMAによる認定校審査を基準を満たす

4) 認定企業資格

本協会が認定する講師資格を持つ2名以上が在籍していること

学内認定講師集中セミナー(6日間)を受講すること(詳細は別紙)

  • 受講者は、2名以上であること。
  • 内容は、本協会の3・2・1級までの取得と各級のティーチングテスト(詳細は別紙)

 

5) 企業内試験の詳細

3級試験
試験時間30分 (実技試験)
2級試験
試験時間60分 (実技試験)
  • 3・2級は同日開催が可能です
  • 校内での事前対策セミナーは、講師資格を持つ方により実施可能です

※①~⑤の要件について、協会理事会にて審査いたします。
PAGETOP